災害状況イメージトレーニングツール 目黒巻

numa

目黒巻とは

今、日本は大きな地震が繰り返し発生する時期を迎えています。 確実にやってくる大地震から、どうすれば自分や家族の命と財産を守れるでしょうか? まずは、災害状況を的確にイメージする力『災害イマジネーション』を高めることです。 人はイメージできない災害状況に対して、適切な心がけや準備はできません。 様々な時刻や場所、季節や天候に応じて、発災からの時間経過の中で、自分の周辺で起こる災害状況を具体的にイメージできるように、「目黒巻」を使って自分を主人公とした物語を作ってみてください。 今のままでは、大変な状況になることがわかります。 物語をハッピーエンドに変えるために必要な事前・直後・事後の対策が見えてきます。 それらの効果や優先順位がわかります。 手遅れにならないように、さあ『災害イマジネーション』を高めましょう。

numa

目黒巻は、一般の方々に比較的短時間で気軽に使って頂くために2004年に研究室で考案されたツールです。(目黒メソッドというツールを簡易化しました。) この目黒巻を用いて防災対策のための意見交換・情報共有等を行うのが目黒巻ワークショップです。 目黒巻は、まだ生まれたばかりのツールです。 現在、ツールの改良に取り組みながら、幼稚園、保育園、家庭、病院、企業等の様々な場で実践事例を増やしております。


numa